加齢臭

加齢臭がうつるかも?大丈夫、加齢臭は人にはうつらない!

こんにちは、アオリンゴです。

今回は、「加齢臭がうつるのか?」という疑問についてです。

衣類や部屋に加齢臭がうつるということは皆さんもご存知かと思います。

加齢臭の人が利用したタオルなどを利用した場合、あなた自身まで加齢臭を発するようになってしまうのではないかと想像した経験はありませんか?

「もしかして、人にもうつるのでは?」
そういった不安に思われている方がこのサイトを見に来ていると思います。

そんな方の為に早速答えを教えます。

「加齢臭は人にはうつりません!」

では、どうして加齢臭はうつらないのでしょうか?

理由が気になる方は続きをどうぞ

臭いがうつるとは?

煙がたくさんの焼肉屋さんでの夕食を締めくくった後、帰宅すると衣服に焼肉屋さんの
臭いが付いていて部屋が臭くなってしまうことってあるのではないでしょうか。

臭いって?
その他のものにもうつるものだと思いますか?

人が、感じ取ることが可能な臭いって、何十万種類も存在すると言われてるのです。

この臭い物質が空中を浮遊し、周りの人の衣服といった系のものに付着してしまうと、
それで臭いがうつったと言えます。

しかしながら、この臭いのうつり方はさほど持続するものじゃありません。
けれども、ゴミ屋敷の清掃へ足を運んだ人などは、二・三日間臭いがとれなかったといった人もいらっしゃいます。

臭いの濃い薄いや強度にも左右されるのでしょうか?

加齢臭はうつらない

加齢臭も強力になれば周囲の人の衣服にうつるケースもあるかも知れませんし、
臭いで、酷すぎるものならうつるケースがあるかも知れません。

ところが、始めにも言いましたが「加齢臭が移ることはない」のです。

加齢臭は、分泌された皮脂の中に存在する9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質等によって
酸化されてノネナールが発生することから起こり得ます。

同一のタオルを利用したからという理由で、皮脂の分泌量が増大したり、皮脂の中に存在する9-ヘキサデセン酸が増大したり、
過酸化脂質が増大したりするはずありません。

加齢臭体質が、伝染るという事はいかなる理由があろうともあり得ませんから心配されなくて大丈夫です。