加齢臭

加齢臭はストレスや生活習慣で深刻化?ひどいときは病気を疑え!

こんにちわ、アオリンゴです。

今回は、加齢臭を深刻化させる原因についてです。

加齢臭は対策をすることで無くしたり抑えたりすることが可能ですが、逆に深刻化するケースがあります。

加齢臭を深刻化させる原因には、大きく分けてみると3つあげられます。

  1. 不規則になった生活習慣
  2. ストレス
  3. 病気(糖尿病、肝機能障害)

加齢臭が発生する原因は、脂肪酸と過酸化脂質が作用することから生じる
「ノネナール」という物質です。

中高年に差しかかると、知らず知らずのうちに脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増大してしまうので、「ノネナール」も無条件に増大ししまうことになります。

それに加え、「生活習慣」「ストレス」「病気」の悪条件が加わると加齢臭がより発生し易くなってきているのです。

それでは続きをどうぞ

不規則になった生活習慣

生活習慣が正常でなくなると、皮脂が多量に分泌されてしまうのでノネナールの発生量も
増大してしまうことになります。

栄養状態の乏しい食生活のみをしている人や、「睡眠不足の人」「運動不足の人」は、
「ノネナール」がなお一層増大してしまいますので、加齢臭が悪化してしまいます。

加齢臭を抑制する為にも、何としてでも規則的な生活習慣に気を配ってください。

特に「アルコール」「タバコ」「睡眠不足」には気を配ってください。

ストレスが原因の加齢臭

ストレスが貯まると過酸化脂質の分泌量が増大してしまい、「ノネナール」の発生量も増えてきます。

つまり、「ストレス」を軽くすることも加齢臭対策には必ずと言い切っても良いほど
重要なポイントなのです。

加齢臭に思い悩まされている人は、何が原因で加齢臭を悪化させているのかを
これを機に考えてみてください。

加齢臭がひどい場合には病気を疑ったの方が良い?

あなたがご自身で、加齢臭が強烈と感じたり、加齢臭が驚くくらい強力な時には、
一旦病気?と疑ったの方が良いのかも知れません。

何らかの病気が原因となって、加齢臭の原因になっている場合も実際のところはありえます。
加齢臭が強烈な場合は、気を付けるように留意して下さい。

例を挙げると、加齢臭対策の為に食生活を見直してみたり。
日常的に僅かでも構わないので、身体を動かすようにしてみるなど。

そうであっても、加齢臭がこれっぽっちも良くならず、反対に日増しに加齢臭が悪化する時には、無理矢理でも医療施設に行って見てもらった方が良いでしょう。

加齢臭が原因で糖尿病や肝機能障害?

加齢臭が要因となって発症する特徴的な病気は、糖尿病や肝機能障害等が見受けられます。

糖尿病になると、甘めの臭気が生じてきます。
肝機能障害になると、アンモニア臭が生じます。

万が一にも、こういった臭いを感知した場合は、一刻も早く検査された方が良いと思います。

体臭は、健康状態を判断するバロメーターでもあって、身体に何かしら異常が見られると
体臭が臭くなるはずですから?

自分の考えでは、何でもない加齢臭であると思っていても、実際には病気が発生させている特有の臭いというケースもあるでしょうから、勝手な判定せずに、生活スタイルが不規則になっている人などはひと際とことんご注意ください。

体臭に異常を感知した時には、自分で判断をすることなく専門の医者に是非とも相談するように留意してください。
深刻なことになる前にです。