加齢臭

加齢臭が服にうつるのがイヤな人は必見!消す方法があります!

こんにちわ、管理人の「あおりんご」です。

「加齢臭がうつるのが嫌!その他の洗濯物にも臭いがうつるかもしれない?」

「加齢臭がうつるとなかなか消せない!洗濯機で洗ってもほとんど臭いが無くならない?」

そんな悩みを抱えている人に耳よりなお知らせですよ。

加齢臭は、衣服にうつっても「クリーニング」「洗濯」「しっかり落とすことができます!」

男性のみなさんの悩みの一つに「加齢臭」。
気付けば、ワイシャツやスーツにさえ臭いがうつっていた…
ということが過去にありませんでしたか?

ひとまず、消臭スプレーをやっていれば充分じゃないかと消臭対策をしている方もいらっしゃると思われます。

加齢臭の臭いは、「消臭スプレーぐらいでは本質的な問題解決とはならない」のです。

服にうつった加齢臭を消す方法をご紹介します。

服にうつる加齢臭はクリーニングで落とせるのか?

衣服に染みついた加齢臭はクリーニングへだせば、改善される。
と言われていることを聞いたことがあるでしょうか?

加齢臭が衣服に染みついていると感じ取ったなら、早急にクリーニングへ出すことをおススメします。

ただ、クリーニング洗剤の中においても「加齢臭を分離する」物を使用しているクリーニング店に出せばのことです。

加齢臭を分離する系統のクリーニング洗剤を使用しているのかどうかは、クリーニング店により差が出てくるため、前もって確かめることが重要になります。

ポイントとしては、利用しようか考え中のクリーニング店の洗剤が「加齢臭を分離するタイプ」かどうかです。

加齢臭の染みついた衣服がドライクリーニングタイプであった場合となると、改善の結果はいまひとつ望めない可能性があります。

平凡なドライクリーニングでは、加齢臭を構成する皮脂の汚れ以外は落ちません。
その結果、臭いの成分はそれまで通り分離されることなく衣服に残留してしまうことがあり得ます。

そうは言っても、衣服に染みついた臭いの成分を取り除くために水でドバドバと
自宅用洗濯機で水洗いをした場合、衣服の布地が傷む恐れがあるため!

大事な衣服をいろいろな危機から回避する為にも、臭いが心配になったら、すぐに「加齢臭を分離するタイプ」の洗剤を利用しているクリーニング店へ出すと取り決めたほうがよいでしょう。

洗濯での加齢臭の消し方

ご主人の衣服にうつった加齢臭の臭いは、常日頃から洗濯を行う奥様からすれば、非常に気がかりな問題ですじゃないでしょうか。

どうあっても加齢臭の強烈な臭いを完全に落としたいですよね。
加齢臭の臭いが実際どんだけ洗濯しても落ちることがない場合にはコレを実施してみることをオススメします。

加齢臭を落とすときのPOINTを紹介します。

お湯で洗濯する

衣服にうつる加齢臭の臭いを構成しているものは、皮脂の汚れ部分です。
「その皮脂の汚れ部分を上手く取り除くことこそがキーポイント」だと言えます!

皮脂は人体から発生する油になります。
食器にこびりついた油でも同じですが、油を落とすためには、お湯を利用することが効果を発揮します。

さらには、高温であればある程より落ち易いです。
可能なら50度を超えるお湯を利用したいところですが、布地の中にはあまり高温で洗濯すると布地が傷む場合があります。
服の洗濯ラベルで制限が無いか確かめておいてください!

浸け置き洗いをする

若干、手間暇が掛かる方法ですが、浸け置き洗いを行うだけでも皮脂が予想以上に落ちやくなります。

浸け置き洗いの方法

  1. 桶に漂白剤と洗剤を注ぐ
  2. 熱湯~50度くらいの熱いお湯を注ぎ入れる
  3. 衣服を浸し30分~2時間程度浸けておく
  4. いつもどおりに洗濯する

重層を使用する

重層は、消臭効果を発揮するのでオススメできます。
使用する重層は食用では無く「工業用のタイプ」を用いる方がより効果を期待できます。

桶に多めに入れた水に重層を大さじ1~2程度溶いて、30分~2時間浸け置きします。
その後は、いつもどおりの洗濯をすれば問題ありません。

洗濯機によっては重曹が使用することができないタイプもあるため、説明書で調べてから、洗濯機に入れ込んでください。

まとめ

ご紹介した内容をまとめると以下のようになります。

  • ドライクリーニングでは加齢臭は落ちない
  • 加齢臭分離タイプの洗剤を使っている店に出す
  • 洗濯では、皮脂の汚れを落とすことが重要(お湯、浸け置き、重曹をつかう)

ご家庭では洗濯できない、洗いづらい衣服はクリーニング店へ出すほうが良いでしょう。

ご家庭で洗う場合は、ご紹介したような内容の作業を一般的な洗濯の際に追加することによって、衣服の加齢臭を落とすことも可能となります。
ですが、時間が無い人には、浸け置きのみといっても、ある程度の手間かもしれません。

そういった人は、加齢臭に負けない洗剤を用いる方が一番早いです!

いかがでしたでしょうか?
服にうつる嫌な加齢臭を消す方法は参考になったでしょうか?

衣服にうつる加齢臭にお悩みの方は是非お試しください。