口臭の原因

ベロの臭いから口臭が発生するケースも?ベロのケアは大事!

「口臭が気になる」という人も多いのではないでしょうか。

どんなに見た目がキレイで格好良いとしても、口が臭くては、見た目の良さも半減してしまいます。

家族や友達、仕事仲間からも嫌われることになってしまうかもしれません。

そんな口臭の原因として見逃しがちなのが、ベロです。

実はベロのケアが不十分なことが臭いの原因になっているケースも少なくありません。

詳細について見てみましょう。

ベロの臭いは舌苔が原因?

「ベロが口臭の原因になるの?」と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

口から発する臭いといえば、胃の不調によるものや食べかす、口腔内の渇きなどがもととなるケースを想定する人が大部分かもしれません。

鏡で自分自身のベロを見てみるとわかりますが、ベロの表面に白色の苔のようなものが付着していることがわかります。

これは「舌苔」と呼ばれるものであり、誰にでもあるものです。

古くなった口腔内の粘膜や細菌、食べかすなどであり、これが臭いをもたらすケースも少なくありません。

舌苔自体は誰にでもあるものですから、あること自体を過度に気にすることはないでしょう。

しかしながら、口内環境が悪化することになれば、臭いを発することにもなりかねませんので、日頃のケアをすることは不可欠です。

スポンサーリンク




ベロの臭いと舌苔ができやすい人のメカニズム

舌苔は人によって、できやすさが異なることも事実です。

舌苔ができやすい人の特徴として、癖や習慣で口を開けている時間が長い人は口腔内が乾燥状態になりがちなため、ベロに汚れや付着物がつきやすくなるのではないでしょうか。

そのことで自ずと臭いも発生します。

また、加齢が進むことで、唾液を作る能力そのものが衰えることも、口腔内を乾燥させることの要因です。

このため、中高年以降においてのベロのケアはより入念に行う必要があります。

ベロの位置についても、注目しなければなりません。

いわゆる、受け口と呼ばれるような人は、ベロが上あごに接する機会が少ないため、そうでない人に比べた場合、汚れがたまりやすい傾向にあります。

先にも述べた通り、臭いの元となるのは、古い口腔内の粘膜や食べ物のカスなどと細菌が結びつくことで発生する揮発性硫黄化合物である硫化水素の刺激臭です。

このような事態を避けるためにも、日頃から十分に気を付けておく必要があります。

スポンサーリンク




具体的なベロの臭い対策となるクリーニング方法

ベロから発生する嫌な臭いを防ぐためには、一にも二にも日頃からのケアが重要です。

多くの人が歯磨きには一生懸命に取り組むものの、ベロのケアをおろそかにしていまいがちではないでしょうか。

先ずは専用の舌ブラシを用意することが大事です。

薬局やドラッグストアに行けば、容易に入手できます。

ポイントは優しく丁寧に時間をかけて行うことです。

力任せに行うことになれば、ベロの表面を痛めることにもなり、元も子もなくなりますので注意しましょう。

最初にベロを大きく突き出し、舌苔の範囲を確認することが大事です。

範囲を確認したら、奥の方から手前に向けてブラシを引くようにしてクリーニングします。

一度引くごとにブラシをキレイに洗うこともポイント。

そうしないと、ブラシに付着した汚れを再び、ベロにつけることにもなりかねません。

このような専用ブラシによるクリーニングは、起床時に行うだけで大丈夫です。

ブラシによる洗浄とともに、有効とされるのが、薬用マウスウォッシュによる洗浄です。

薬用マウスウォッシュについても、市販されているもので十分であり、専用ブラシと併用することで、一層の効果が期待できます。

理想的なのは、専用ブラシでのクリーニングの後にマウスウォッシュですが、時間がなければ、マウスウォッシュだけでも大丈夫です。