加齢臭

お風呂で加齢臭を消す!加齢臭対策の入浴法を伝授!

こんにちわ、アオリンゴです。

「お風呂に入った後なのに加齢臭がする!」「ちゃんと体を洗っているのに!」

そんな疑問を持っている方はいらっしゃいませんか?

それは、お風呂の入り方に問題があります!

みなさんは、毎晩キチンと湯船にに浸かっていますか?

シャワーでオシマイにしてしまってはいませんか?

ですが、何が何でもお風呂の湯船に浸かることをオススメします!

「シャワーでは、加齢臭は落としきれていません!」

今回は、「加齢臭対策の入浴法」についてです。

それでは続きをどうぞ

加齢臭対策には風呂!シャワーじゃダメ

加齢臭対策には、「風呂の湯船に欠かさず浸かることが重要となります。

加齢臭といった臭いを意識していれば、常日頃からお湯に浸かっていると思われますが?

面倒臭いと思ってお湯に浸からず、中でも暑い時期はシャワーのみで完結するというような方もたくさんいらっしゃるのではありませんか?

加齢臭といった体臭を抑制することを考えれば、シャワーだけに限らず問答無用でお湯に
確実に浸かることが重要です。

この理由は、お風呂でお湯には入らずにシャワーのみの入浴を行なっていると、
より一層汗腺の能力が不良となってしまいがちです。

何と言っても皮膚の衛生面を思うなら、風呂では温かいお湯にのんびりとつかることが重要です。

近頃の人は、普通の日は、汗をそれほどかかない生活様式で過ごしていると言ってもいいでしょう。
それが理由で、角質に老廃物や不純物がつまり易くなってくるのです。

ごく稀に汗をかけば、こういった不純物も汗と共に分泌されるが為に、
汗はますます不愉快な臭いを放出してしまう可能性が大きいのです。

シャワーオンリーで、お湯に浸からないで完結させることは、衛生的なようで実際には衛生的と呼ぶには正反対の事を行っているのです。

加齢臭や体臭対策のの為には、できるだけ温かいお湯にのんびりと
つかることを意識しましょう。

常日頃の多忙なストレス等が、蓄積し易い近年では、風呂でストレスを発散するゆとりも重要です。

汗腺の能力を改善する加齢臭対策

汗腺の能力の衰えによって、これまで以上に臭いが強烈になってしまった汗の臭いを改善するためには、程よい健康体作りを実施して汗を出す生活習慣を採用するといった日常スタイルの改善も必要不可欠です。

しかし、お風呂で温かいお湯に浸かると毛穴が開いて老廃物を始めとする汚れも落ち易くなり、臭いの改善だけに限らず皮膚も衛生的にしておくことが可能となります。

ここ最近衛生的にする意識が活発化し、中でも若年層の方は加齢臭といった臭いにでも過度に意識しています。
しかしながら、年齢層が若い年代の方である程シャワーでお風呂を完結する流れがあります。

湯船にのんびり浸かるよりシャワーで汗を流すほうが、スタイリッシュな入浴手法だと考えているのかも知れません。

そのような若手の年代とされる20代の方だとしても「自身から加齢臭の臭いが発生しているかも知れない」と不安に思っている方も多数いらっしゃいます。
近年では「若年性加齢臭」などというような用語も存在するそうなんです。

実際には、20代で現実に加齢臭であるのはあまりなく、自己臭恐怖症といった臭いを心配しすぎな症状ケースがあります。

しかし、加齢臭ではなくても体臭が強い可能性は存在します。

食事内容が肉類メインであったり、健康体作りが不足していることが原因となって汗腺の機能が低減したことが元で発生する体臭だったりします。

20代でも健康に悪い生活スタイルを繰り返していたとすれば体臭は悪化の一途をたどってしまうでしょう。

お風呂上りでも加齢臭がする?

お風呂あがりであっても加齢臭や汗の臭いがする場合が存在します。
可能性が考えられる理由は3つあります。

汚れが落ちていない

1つはお風呂に入ってもきちんと汚れを落として無い」ケースがあります。

それに関しては力を入れてキレイにしていないという事ではなく、洗い残しの部位が見られるということです。

力いっぱいに汚れを落としてしまうことで必要とされる皮脂もあらいざらい洗い流してしまい、臭いにおいては裏目に出てしまいます。

バスタオルが臭い

2つ目はお風呂あがりに「使用するバスタオルが臭っている」ケースです。

日常的に洗濯をして衛生的にしている気持ちでも、仮に使用後に濡れてビショビショになった状態でバスタオルをそのままにしている間隔が長かったりした場合、バスタタオルは臭ってしまいがちです。

体をきちんと乾かさない

最後に「きちんと体を乾かさずに衣類を着用」してしまったせいで、お風呂あがりだというのに臭いが発生する原因になり得るケースです。

お風呂あがりに十分に拭かない。
しかも、汗も止めどなく吹き出ている状況では臭いがしたところでなんらおかしな事ではありません。

加齢臭対策の湯船の温度はどのくらい?

汗を出す必要性はよく分かったとして、だとすれば湯船の温度は何度がベストなのか?
このポイントを疑問に思っている方も沢山おられるようです。

41度で1分間のシャワーが良いという意見もよく耳にします。
夏の最中であればこのシャワーの温度と間隔で汗が出るかも知れないのですが、原則的には何をおいても湯船に浸かることをオススメします

ぬるめのお湯でなければ駄目だというような人が、我慢をして高目の温度のお湯に浸かることは不要です。

「温度が問題なのではなく、汗を出すかということが重要です。」

仮にぬるめのお湯だとしたら若干長くお湯に浸かるといったあなた自身が調節し、実感してみることが最も良いやり方です。

ぬるめのお湯でなければ駄目だというような人が、我慢をして高目の温度のお湯に浸かることは不要です。
温度が問題なのではなく、汗を出すかということが重要です。
仮にぬるめのお湯だとしたら若干長くお湯に浸かるといったあなた自身が調節し、実感してみることが最も良いやり方です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お風呂に浸かることが加齢臭対策に大いに効果があることがご理解いただけましたか?

今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 「湯船に浸かり汗をかく」
  • 「洗い残しのないようにする」
  • 「風呂上がりにキチンと体を乾かす」
  • 「衛生的なタオルで拭く」

「お風呂に長く浸かれない」というような人は、自身の大好きな本をもちこんで読んだり、スマホを持ちこんでお風呂場へもって行くとよいでしょう。
ゲームやお好みのムービーを見ながらお湯につかることができるので、むしろいくらでも長時間お湯に浸かることもできるでしょう。

みなさんも是非お試しください。