口臭の原因

にんにくによる口臭はどうする?

にんにく料理の後の口臭は消せる?

にんにく料理は美味しいけれど食べた後の口臭が気になりますよね。

にんにくを使ったお料理で代表的なものと言えば、餃子ではないでしょうか。

他にもペペロンチーノやガーリックトーストなどがあります。

にんにくを丸ごと焼いたものやトッピングににんにくが使われるお料理も多いですね。

にんにくは様々な健康効果が期待できる食材なのでニオイが気にならなければ積極的に摂取したいという人も多いと思います。

でもニオイが気になるから人と会う時は食べられない、翌日に大切な予定があると食べられないという人もいるのではないでしょうか。

もし、にんにくのニオイを消すことができれば安心して食べることができますね。

にんにくのニオイは口の中と体の中で発生します。

そのためこの両方をしっかりとケアしなければいけません。

口の中のにんにくのニオイは比較的早く消すことができるものですが、体の中のにおいが取れるのには時間がかかります。

前日ににんにくを食べて翌朝もにおいが残っていたというのは口臭ではなく体の中のにんにくのニオイが消えていないからです。

にんにくのニオイを消す方法は、食前と食後のケアで決まります。

今回はどちらの方法もご紹介しますのでにんにく料理を楽しみたいという人は

ぜひ実践してください。

正しい方法を行えばにんにくのニオイを消すことができます。

スポンサーリンク




にんにくによる口臭は食べ物で解消

にんにくによる口臭は3時間から4時間あれば消えると言われています。

にんにくの口臭を少しでも早く解消するために食前に牛乳を飲んでおくのがおすすめです

にんにくのにおいの元となる成分はアリシンと呼ばれるものですが、この成分はたんぱく質と結合するとニオイを緩和させるとされています。

そのため、食前に牛乳を飲んでおけば牛乳のたんぱく質でニオイを軽減させることができます。

食後の対策としてはりんごを食べるのが良いとされています。

これは多くの人が知っている方法ではないでしょうか。

ただし、この時りんごを皮ごと食べなければ効果が期待できません。

りんごは皮をむいて食べるという人のほうが多いです。

今まで効果が感じられなかったという人はりんごの皮をむいていたのではないでしょうか。

これからは皮つきのままりんごを食べてにんにくによる口臭を軽減させてください。

食後にりんごを食べたほうが良いのは分かりましたが、外食していると家に帰ってりんごをむいて食べるのは少し面倒ですよね。

その場合はりんごジュースを飲んでおくことでも代用できます。

りんごを食べるより効果は低くなりますが何もしないよりはマシです。

この時、100%果汁のものを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク




にんにくは口臭はだけでなく体臭ケアも必要

にんにくによる口臭対策として調理方法でもニオイを軽減させることができます。

外食の場合は難しいですが、自宅でにんにく料理を作る場合には今からご紹介する方法で調理してにんにくのニオイを減らしてみてください。

にんにくのニオイは生の状態のほうが強いと言われています。

にんにくを切った瞬間にとても強いニオイがしますよね。

しかし、加熱するとニオイが抑えられます。

そこでにんにくを切る前に電子レンジで加熱します。

そうすることでニオイの元を減らせるので口臭予防にも繋がります。

使いたいにんにくをラップに包んで加熱します。

1片30秒くらい加熱すればOKです。

ものすごく手間のかかる作業でも無いのでおすすめです。

しかし、食べた後のニオイ対策はこれだけではなかなか難しいです。

体の中のにんにくのニオイを消すには、体を動かして汗を出したり、お風呂で汗を出してしまうのがおすすめです。

また、体内の老廃物を出すことでニオイも消えていきますので、お通じが良い人のほうがニオイは残りにくいと言われています。

腸内のにんにくのニオイが便と一緒に排泄されます。

便秘気味の人は、腸内環境を整えておきたいですね。

体の中からニオイを消してくれるサプリメントでケアするのも効果的なのでおすすめです。