加齢臭

要注意!エアコンやタバコが加齢臭を強力にする原因になる?

こんにちわ、アオリンゴです。

エアコンやタバコが加齢臭を強力に発生させる原因になってしまうこともあるってご存じでしたか?

タバコを頻繁に吸う人は、加齢臭に思い悩んでいる?
そんな事を聞いたことがあるのではないでしょうか?
それは、タバコに含まれる一酸化炭素が加齢臭を強力にするからです。

そして、エアコンと加齢臭は一見すると少しも繋がりがないように感じられますが、実際には「エアコンと加齢臭」の間には非常に奥深い関連性があるのです。
冷房によって血行が悪くなり、アルカリ性の強力な汗をかくためです。

今回は関係のなさそうな「タバコとエアコンが加齢臭を強くする」といった内容となります。

それでは続きをどうぞ

タバコが加齢臭が発生する原因になってしまうこともある?

タバコを吸われている方で加齢臭に悩んでいるといった人はタバコを止めた方が良いでしょう。
なぜなら、タバコは加齢臭を発生させる原因になるかもしれないからです。

タバコの中には、人体に害を加える物質が含有されていて、その中の一酸化炭素と呼ばれる物質が加齢臭を発生させる原因となります。

一酸化炭素を体内に取り入れると、脂肪を酸化させてしまうことになり、加齢臭が発症する原因物質である「ノネナール」の分泌を助長してしまうことになります。

これ以外には、タバコを吸うと数多くのビタミンが途絶えてしまうので、体臭を抑制するためにいくら食事内容を正常化しても、その効果効用が表れにくくなります。

タバコにはこういった影響が存在しますから、加齢臭が気掛かりな方は、可能であれば禁煙した方が賢明です。

しかしながら、今日までタバコを喫煙し続けきた人が、唐突に禁煙しようとすれば相反して激しいストレスを受けてしまうことになり生活環境に悪影響を及ぼすケースなどが考えられます。

このため、一気にタバコを終わらせるというより、段階的に一日の吸うタバコの数量を削減しいき、いつかは、タバコを吸わなくてもストレスを感じられなくなるような流れに持っていければ良いでしょう。

あるいは、医師の診断を受けて禁煙するという方法もお勧めできます。

エアコンが加齢臭が発生する原因になってしまうこともある?

エアコンが、加齢臭が発生する原因になってしまうこともあるってご存じでしたか?

エアコンと加齢臭?は一見すると少しも繋がりがないように感じられますが!?
実際には「エアコンと加齢臭」の間には非常に奥深い関連性があるのです。

暑いシーズンがやってくると、ついついエアコンを付けて涼みたくなると思います。

そうした場合に、あんまり何時間もエアコンの効いた場所に居ると、その中の冷温のせいで血の巡りが悪い状態になってくるのです。

血の巡りが悪い状態になってしまうと、どうなるのか?

アンモニアの分泌を促す効力がある「乳酸」と言われる物質が発生します。
そして、乳酸が次々に蓄積されてしまい、アルカリ性の強力な汗を流してしまう為、
加齢臭と一緒の不快な臭いを発生させてしまうのです。

その結果、エアコンで気温が低い場所に何時間もいると、加齢臭が発生する要因にもなるため、注意を払わないといけないのです。

中でも運動が足りない人は、常日頃から血の巡りが良くないので、エアコンの影響を顕著に感じてしまい、加齢臭のような臭いを発生し易い体質となってしまうので気を付ける必要があります。

万が一にも、エアコンの効いた場所あたりで長い時間に及ぶ仕事をせざるを得ない折には、加齢臭対策のためにも常日頃から健康的な身体づくりをして、血の巡りを良い状態にしておくように心掛けましょう。

そうやってやれば、エアコンで嫌な加齢臭が発生しなくなります

まとめ

エアコンとタバコと加齢臭の関係はいかがだったでしょうか?

夏が始まると冷房が効いた場所で過ごすことも増えるかと思います。
特に冷房の効いた部屋でタバコを吸う方は2重で加齢臭の脅威にさらされますね。

冷房もたばこも加齢臭うんぬんの前に体にはよくありません。

この機会に禁煙と体力作りで加齢臭からの解放と健康を手にしてはいかがでしょうか?